「アナログ」ビートたけし著

公開日:  更新日:

 設計会社・清水デザイン研究所に勤める水島悟はある日、自分の会社がデザインを手がけた広尾の「ピアノ」という喫茶店で、みゆきという女性に出会った。どこか心引かれるものを感じた悟は、彼女が木曜日にこの店に通ってくると聞き、毎週木曜日に「ピアノ」に通おうと思い始める。年を取ってすっかり体が弱くなった母を預けている施設に通う以外、今までは特に予定もなかった悟だったが、お互いの携帯番号もメールアドレスも交換しないまま都合が合えば週に一度ここで会いましょうという約束を彼女と取り交わせたことに喜びを覚える。

 それから徹夜続きの仕事や突然の出張の予定などをクリアして彼女に何度か会った悟は、ついに結婚を決意する。ところが、指輪を購入してプロポーズをしようと思ったその運命の木曜日、彼女はなぜか姿を現さなかった……。

 又吉直樹の芥川賞受賞に触発されて書いたという、著者初めての恋愛小説。スマホやITが全盛の時代、そうした風潮を好まないアナログの世界に生きるひとりの男を主人公に、女に本気で恋をした男の切ないラブストーリーを描いている。

(新潮社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る