「アナログ」ビートたけし著

公開日: 更新日:

 設計会社・清水デザイン研究所に勤める水島悟はある日、自分の会社がデザインを手がけた広尾の「ピアノ」という喫茶店で、みゆきという女性に出会った。どこか心引かれるものを感じた悟は、彼女が木曜日にこの店に通ってくると聞き、毎週木曜日に「ピアノ」に通おうと思い始める。年を取ってすっかり体が弱くなった母を預けている施設に通う以外、今までは特に予定もなかった悟だったが、お互いの携帯番号もメールアドレスも交換しないまま都合が合えば週に一度ここで会いましょうという約束を彼女と取り交わせたことに喜びを覚える。

 それから徹夜続きの仕事や突然の出張の予定などをクリアして彼女に何度か会った悟は、ついに結婚を決意する。ところが、指輪を購入してプロポーズをしようと思ったその運命の木曜日、彼女はなぜか姿を現さなかった……。

 又吉直樹の芥川賞受賞に触発されて書いたという、著者初めての恋愛小説。スマホやITが全盛の時代、そうした風潮を好まないアナログの世界に生きるひとりの男を主人公に、女に本気で恋をした男の切ないラブストーリーを描いている。

(新潮社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る

人気キーワード