「砂上」桜木紫乃著

公開日: 更新日:

 北海道・江別に住む柊令央は、いつか作家になることを夢見て小説を書き続けている40歳の女性。元夫から振り込まれる離婚の慰謝料とビストロ勤務で得るわずかなアルバイト代を支えに、文芸誌の新人賞に何度も応募していたが、手応えが得られないまま、いつしか年月が過ぎていた。

 そんなある日、令央の目の前に今までの新人賞応募作を読んできたと語る女性編集者・小川乙三が現れる。期待を胸に対面した令央だったが、彼女の口から発せられるのは責めるような鋭い言葉。「あなたは何がしたいんですか」という問いかけに発奮し、自分が死ぬまで秘密にしようと思っていたあることを題材にした小説を改めて書くことを決心する。しかしそれは苦難の始まりだった……。

「ホテルローヤル」で第149回直木賞を受賞した著者による最新作。小説家志望の女性を主人公にして、小説という虚構の世界を立ち上げていく過程や編集者と小説家との緊張感あふれる関係性をリアルに描いている。

(KADOKAWA 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  6. 6

    国内で初「健康な20代男性」無念のコロナ死…入院できず

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  9. 9

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る

人気キーワード