「涙の招待席 異形コレクション傑作選」井上雅彦編

公開日:  更新日:

 井上氏が14年をかけて編んだ全48巻のアンソロジー(1240作品)からとっておきの涙を誘う作品を抽出した傑作選。

 久志は、母校の村の分校がダムの底に沈むと知り、仕事を休み、車を走らせる。分校は、久志が6年生の時に廃校になり、以来、21年ぶりの訪問だ。村全体が見渡せる峠の展望台で、分校の最後を見送ろうと車を降りると、同じ分校に通っていた仲間たちが出迎えてくれる。みな、思いは同じようだった。昔話に花を咲かせていると、この場にはいない、最年少だった子の話題になる。その存在を皆が覚えているのに、なぜか名前が出てこない。埋めたタイムカプセルのことを思い出した久志らは湛水が始まった村に下りていく。(梶尾真治著「再会」)

(光文社 660円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る