「涙の招待席 異形コレクション傑作選」井上雅彦編

公開日: 更新日:

 井上氏が14年をかけて編んだ全48巻のアンソロジー(1240作品)からとっておきの涙を誘う作品を抽出した傑作選。

 久志は、母校の村の分校がダムの底に沈むと知り、仕事を休み、車を走らせる。分校は、久志が6年生の時に廃校になり、以来、21年ぶりの訪問だ。村全体が見渡せる峠の展望台で、分校の最後を見送ろうと車を降りると、同じ分校に通っていた仲間たちが出迎えてくれる。みな、思いは同じようだった。昔話に花を咲かせていると、この場にはいない、最年少だった子の話題になる。その存在を皆が覚えているのに、なぜか名前が出てこない。埋めたタイムカプセルのことを思い出した久志らは湛水が始まった村に下りていく。(梶尾真治著「再会」)

(光文社 660円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  2. 2

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  3. 3

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  4. 4

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  7. 7

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    ワークマン人気に群がるTV各局の安直な発想とそっくり演出

  10. 10

    日比谷高校の東大合格者数“復活”に尽力した3人の立役者

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る