「涙の招待席 異形コレクション傑作選」井上雅彦編

公開日:  更新日:

 井上氏が14年をかけて編んだ全48巻のアンソロジー(1240作品)からとっておきの涙を誘う作品を抽出した傑作選。

 久志は、母校の村の分校がダムの底に沈むと知り、仕事を休み、車を走らせる。分校は、久志が6年生の時に廃校になり、以来、21年ぶりの訪問だ。村全体が見渡せる峠の展望台で、分校の最後を見送ろうと車を降りると、同じ分校に通っていた仲間たちが出迎えてくれる。みな、思いは同じようだった。昔話に花を咲かせていると、この場にはいない、最年少だった子の話題になる。その存在を皆が覚えているのに、なぜか名前が出てこない。埋めたタイムカプセルのことを思い出した久志らは湛水が始まった村に下りていく。(梶尾真治著「再会」)

(光文社 660円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る