• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「黙殺」畠山理仁著

 先の東京都知事選挙。小池百合子、増田寛也、鳥越俊太郎の「主要3候補」のほか、スマイル党総裁・マック赤坂、選挙の鉄人こと中川暢三、そして、山口敏夫、立花孝志、上杉隆ら18人が立候補している。初めから落選と供託金300万円の没収も覚悟で、立候補することで政策論争をするのを望む彼らを、著者は敬意を込めて「無頼系独立候補」と呼ぶ。

 小池劇場一色に染まった都知事選挙では、民放テレビ4社の看板ニュース番組で主要3候補と彼らとで割かれた報道時間の割合は「97対3」と圧倒的に少なく“黙殺”されている。

 本書は無頼系独立候補たちの「独自の戦い」を追い続けた20年間の記録である。第15回開高健ノンフィクション賞受賞作。

(集英社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る