「黙殺」畠山理仁著

公開日:

 先の東京都知事選挙。小池百合子、増田寛也、鳥越俊太郎の「主要3候補」のほか、スマイル党総裁・マック赤坂、選挙の鉄人こと中川暢三、そして、山口敏夫、立花孝志、上杉隆ら18人が立候補している。初めから落選と供託金300万円の没収も覚悟で、立候補することで政策論争をするのを望む彼らを、著者は敬意を込めて「無頼系独立候補」と呼ぶ。

 小池劇場一色に染まった都知事選挙では、民放テレビ4社の看板ニュース番組で主要3候補と彼らとで割かれた報道時間の割合は「97対3」と圧倒的に少なく“黙殺”されている。

 本書は無頼系独立候補たちの「独自の戦い」を追い続けた20年間の記録である。第15回開高健ノンフィクション賞受賞作。

(集英社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

もっと見る