「黙殺」畠山理仁著

公開日: 更新日:

 先の東京都知事選挙。小池百合子、増田寛也、鳥越俊太郎の「主要3候補」のほか、スマイル党総裁・マック赤坂、選挙の鉄人こと中川暢三、そして、山口敏夫、立花孝志、上杉隆ら18人が立候補している。初めから落選と供託金300万円の没収も覚悟で、立候補することで政策論争をするのを望む彼らを、著者は敬意を込めて「無頼系独立候補」と呼ぶ。

 小池劇場一色に染まった都知事選挙では、民放テレビ4社の看板ニュース番組で主要3候補と彼らとで割かれた報道時間の割合は「97対3」と圧倒的に少なく“黙殺”されている。

 本書は無頼系独立候補たちの「独自の戦い」を追い続けた20年間の記録である。第15回開高健ノンフィクション賞受賞作。

(集英社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  7. 7

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る