「虹の向こう」池田久輝著

公開日:  更新日:

「何でも屋」の俺は丸太町署の刑事、間宮に命じられて、病院の受付をしている白石由里を尾行している。何のための尾行なのか尋ねても、間宮は答えない。4日目は由里の休日で、彼女は友人と食事をした後、通いなれた様子で丸太町署に入った。そして、現れた間宮と階段を上っていった。 翌日、間宮に尾行はもういいと言われたが、やはり説明はなかった。納得のいかない俺は由里の尾行を続行するが、そのなかで、自分に婚約者・桜井愛子の浮気調査を依頼した銀行員、山岸の姿が見え隠れするのに気づく。山岸の婚約者とは由里なのでは?(「影」)

 日本推理作家協会賞候補作ほか3編のミステリー。

(双葉社 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る