「猫はためらわずにノンと言う」ステファン・ガルニエ著 吉田裕美訳

公開日:

 世界22カ国で翻訳された話題の全仏ベストセラー。フランス・リヨン生まれの著者が愛猫ジギーとの暮らしの中で気付かされた生き方の極意をつづった自己啓発書だ。

 たとえば「自由なら、あとはどうでもいい」の項。好きなものだけを手元に置き、気に入った人間関係だけを残し、夢中になれる活動や仕事だけをして暮らす、という夢みたいな生き方も、猫にとっては当たり前。それは生まれつきの性分で、生きることの基本で、猫にとって自由でいること以外はすべてどうでもいいことなのだ。

 他にも、猫が教える「群れずに、ありのままを受け入れて生きて行く方法」など、人生のヒントが満載。

(ダイヤモンド社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る