• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「猫はためらわずにノンと言う」ステファン・ガルニエ著 吉田裕美訳

 世界22カ国で翻訳された話題の全仏ベストセラー。フランス・リヨン生まれの著者が愛猫ジギーとの暮らしの中で気付かされた生き方の極意をつづった自己啓発書だ。

 たとえば「自由なら、あとはどうでもいい」の項。好きなものだけを手元に置き、気に入った人間関係だけを残し、夢中になれる活動や仕事だけをして暮らす、という夢みたいな生き方も、猫にとっては当たり前。それは生まれつきの性分で、生きることの基本で、猫にとって自由でいること以外はすべてどうでもいいことなのだ。

 他にも、猫が教える「群れずに、ありのままを受け入れて生きて行く方法」など、人生のヒントが満載。

(ダイヤモンド社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る