「猫はためらわずにノンと言う」ステファン・ガルニエ著 吉田裕美訳

公開日:

 世界22カ国で翻訳された話題の全仏ベストセラー。フランス・リヨン生まれの著者が愛猫ジギーとの暮らしの中で気付かされた生き方の極意をつづった自己啓発書だ。

 たとえば「自由なら、あとはどうでもいい」の項。好きなものだけを手元に置き、気に入った人間関係だけを残し、夢中になれる活動や仕事だけをして暮らす、という夢みたいな生き方も、猫にとっては当たり前。それは生まれつきの性分で、生きることの基本で、猫にとって自由でいること以外はすべてどうでもいいことなのだ。

 他にも、猫が教える「群れずに、ありのままを受け入れて生きて行く方法」など、人生のヒントが満載。

(ダイヤモンド社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る