「アリと猪木のものがたり」村松友視著

公開日:  更新日:

 著者は「プロレスの味方」として書いた作品の中に大きな忘れ物をしたという思いがあった。猪木・アリ戦の40年後に特別番組が放映されることを知り、かつて猪木が著者との対談で、自分とアリにしかわからないものがあると言ったことがよみがえった。そこで「世紀の凡戦」といわれた戦いをテレビで観戦した。

 番組の中で猪木は、最終ルールに明記されていなかったアリの4オンスのグローブの恐怖について語った。15ラウンド制というレスラーにとって不利な条件で、自分の行為が反則と取られてアリに試合放棄されないように注意しながら猪木はキックを放った――。

 40年ぶりに再現された戦いに著者が見たものは?

(河出書房新社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る