• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「アリと猪木のものがたり」村松友視著

 著者は「プロレスの味方」として書いた作品の中に大きな忘れ物をしたという思いがあった。猪木・アリ戦の40年後に特別番組が放映されることを知り、かつて猪木が著者との対談で、自分とアリにしかわからないものがあると言ったことがよみがえった。そこで「世紀の凡戦」といわれた戦いをテレビで観戦した。

 番組の中で猪木は、最終ルールに明記されていなかったアリの4オンスのグローブの恐怖について語った。15ラウンド制というレスラーにとって不利な条件で、自分の行為が反則と取られてアリに試合放棄されないように注意しながら猪木はキックを放った――。

 40年ぶりに再現された戦いに著者が見たものは?

(河出書房新社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  5. 5

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    大坂に体作りとコートへの集中力を促したコーチの手練手管

もっと見る