「山口組三国志 織田絆誠という男」溝口敦著

公開日:

 2015年、日本最大の暴力団、山口組から井上邦雄が脱退して神戸山口組を立てたが、2017年、その神戸山口組から織田絆誠が分派し、任侠山口組を結成した。井上が山口組を脱退したのは、6代目司忍率いる山口組が多額の上納金を徴収し、出身組織をひいきし、進言、諫言(かんげん)を聞かないためだった。

 ところが、神戸山口組も同じことを行ったため、織田は「大義」が失われたとして任侠山口組を結成したと語る。ふたつの山口組を最終的に合一するのが前提である。「任侠団体」とつけたのは、最終ゴールが「脱反社(反社会的勢力)」だからだ。

 織田代表とのインタビューを中心に、ヤクザ取材を集大成した一冊。

(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る