「ラブラバ」エルモア・レナード著、田口俊樹訳

公開日: 更新日:

 マイアミのサウスビーチに住む元シークレットサービスのラブラバは、3年前に写真家に転向。捜査でカメラを扱ううちに写真の魅力に開眼したのだ。ある日、ラブラバはホテルの支配人・モーリーに頼まれ、デイトナビーチにある保護施設に向かう。施設に収容された知人の女性から身元引受人を頼まれたらしい。モーリーが女性を迎えに行っている間、受付で待っていたラブラバは、警官になりすました男に難癖をつけられ困っていた職員に助け舟を出す。翌朝、ラブラバはモーリーが連れて帰った女性が少年時代から憧れの映画女優・ジーンだと気づき、心が浮き立つ。やがて、彼女がトラブルに巻き込まれていることが分かる。

 アメリカ探偵作家クラブ賞受賞の巨匠の代表作。

(早川書房 1900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る