「ニッポンの肉食」田中康弘著

公開日: 更新日:

 日本人が食べる肉(ウシ・ブタ・ニワトリ)の量はこの半世紀で10倍に増えたという。そんな日本人の肉食文化の変遷を解説したリポート。

 長らく、日本には肉を食べる文化がなかったといわれていたが、実は石器時代から日本列島では連綿と肉食が繰り広げられていたことが最新の研究で明らかになっている。仏教伝来により肉食を禁忌する考え方が広まったが、肉食が廃れたり、狩猟行為が行われなくなったことはなかったそうだ。そんな古代から現代まで、日本人の肉食の歴史を振り返る。一方で、人の手で繁殖・肥育される畜産肉の他に、シカやクマ、イノシシ、タヌキなどの狩猟肉が人の口に入るまでの過程を紹介しながら、知られざる日本の肉食文化の奥深さを伝える。

 (筑摩書房 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  10. 9

    阪神“無期限二軍”藤浪トレード再燃…野手獲得の交換要員か

  11. 10

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

もっと見る