「バットランド」山田正紀著

公開日:

「おれ」はクリーニング屋の鏡を見て驚いた。自分の実感としては30代半ばなのに、映っているのは70代のジジイだ。しかもおれは自分の名前さえわからない。店に入ってきた女が、それは鏡に映る自分の姿を認識できない認知症の症状だと言った。女は患者を連れ戻しにきた病院の職員を装って、若い男と2人でおれを店から連れだし、男が「彼はどこにいるんですか」とおれに聞いた。おれは「どの彼?」と聞いた。そのとき、後ろからつけてきたワゴン車に拉致された。ワゴン車の男は「おまえは22番だ」と言い、「おまえ、もしかしたらもとにもどっちゃったんじゃないの」と言った。

 脳に人工海馬を埋め込まれた認知症の老詐欺師をめぐる表題作ほか、4編のSF短編集。

(河出書房新社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る