「バットランド」山田正紀著

公開日:

「おれ」はクリーニング屋の鏡を見て驚いた。自分の実感としては30代半ばなのに、映っているのは70代のジジイだ。しかもおれは自分の名前さえわからない。店に入ってきた女が、それは鏡に映る自分の姿を認識できない認知症の症状だと言った。女は患者を連れ戻しにきた病院の職員を装って、若い男と2人でおれを店から連れだし、男が「彼はどこにいるんですか」とおれに聞いた。おれは「どの彼?」と聞いた。そのとき、後ろからつけてきたワゴン車に拉致された。ワゴン車の男は「おまえは22番だ」と言い、「おまえ、もしかしたらもとにもどっちゃったんじゃないの」と言った。

 脳に人工海馬を埋め込まれた認知症の老詐欺師をめぐる表題作ほか、4編のSF短編集。

(河出書房新社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る