「オッパイ入門」東海林さだお著

公開日:  更新日:

 オッパイの実技で「ゆらす」というのを好む人もいるが、この場合は揺れるほどの大きさが必要になる。大きさには大・中・小のほかに爆・巨・貧という分け方もあるが、最近の若い人は「爆」が好きというのは少なくて、「手のひらにちょうど収まるぐらい」がいいという人が多い。

 アグネス・ラムやマリリン・モンローの時代の若者はみんな元気で、「平凡パンチ」や「週刊プレイボーイ」に「巨」と「爆」が氾濫していた。あのころの若者は、今は定年となって週刊誌の袋とじを老眼鏡でショボショボ見ているらしい。

 お馴染のショージくんのオッパイやあくび、忖度などについての考察。早稲田大学での青春を語る中野翠さんとの対談付き。(文藝春秋 1350円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る