「ミステリークロック」貴志祐介著

公開日: 更新日:

 美人ミステリー作家、森怜子の山荘で、作家生活30周年の晩さん会が開かれた。

 招かれたのはミステリー作家、編集者、元夫の内科医、俳優、弁護士など。広間は、高さ2メートル超のグランドファーザークロック、電波時計など時計だらけ。怜子が2階で明朝締め切りの原稿を執筆する間、夫の時実玄輝が、ムーブメント不明のミステリークロックなど怜子の豪華な時計コレクションを客に披露した。1時間後、時実に言われて様子を見に行った秘書が怜子の死体を発見する。山荘は指紋認証錠で守られた密室だ。時実は「この中に殺人犯がいる」と客に猟銃を向けた。(表題作)

 防犯探偵、榎本径が4つの密室の謎を解く。(KADOKAWA 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る