「ミステリークロック」貴志祐介著

公開日:  更新日:

 美人ミステリー作家、森怜子の山荘で、作家生活30周年の晩さん会が開かれた。

 招かれたのはミステリー作家、編集者、元夫の内科医、俳優、弁護士など。広間は、高さ2メートル超のグランドファーザークロック、電波時計など時計だらけ。怜子が2階で明朝締め切りの原稿を執筆する間、夫の時実玄輝が、ムーブメント不明のミステリークロックなど怜子の豪華な時計コレクションを客に披露した。1時間後、時実に言われて様子を見に行った秘書が怜子の死体を発見する。山荘は指紋認証錠で守られた密室だ。時実は「この中に殺人犯がいる」と客に猟銃を向けた。(表題作)

 防犯探偵、榎本径が4つの密室の謎を解く。(KADOKAWA 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る