「ミステリークロック」貴志祐介著

公開日: 更新日:

 美人ミステリー作家、森怜子の山荘で、作家生活30周年の晩さん会が開かれた。

 招かれたのはミステリー作家、編集者、元夫の内科医、俳優、弁護士など。広間は、高さ2メートル超のグランドファーザークロック、電波時計など時計だらけ。怜子が2階で明朝締め切りの原稿を執筆する間、夫の時実玄輝が、ムーブメント不明のミステリークロックなど怜子の豪華な時計コレクションを客に披露した。1時間後、時実に言われて様子を見に行った秘書が怜子の死体を発見する。山荘は指紋認証錠で守られた密室だ。時実は「この中に殺人犯がいる」と客に猟銃を向けた。(表題作)

 防犯探偵、榎本径が4つの密室の謎を解く。(KADOKAWA 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  7. 7

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  8. 8

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    コロナ禍で失業「食料品を1年間買わないことにしました」

もっと見る

人気キーワード