「クルタンの礼儀作法書」アントワーヌ・ド・クルタン著、増田都希訳

公開日:  更新日:

 社交辞令のひとつに賛辞がある。だが、極端に誇張した大げさな社交辞令は逆効果。例えば、勇敢な行為を褒めるために、カエサルもその人の足元にも及ばないと言ったり、美しい女性の真っ赤な唇と頬に比べればバラは青白く見えるなどと言ったりしたら? 

 健全な精神の持ち主なら、そう言った本人は、自分は頭がいいが相手は愚かだから見え透いた社交辞令を信じると考えているのだろうと判断する。

 あるいは、本人はまったく良識がない人で自分が嘘をついていることに気がついていないと思われるのがオチ。

 1671年から1730年の間に30版以上を重ねたという、17・18世紀のフランス紳士淑女の礼儀作法書。(作品社 2800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る