「イースター島を行く」野村哲也著

公開日:  更新日:

 南太平洋に浮かぶ絶海の孤島イースター島の知られざる魅力を紹介するビジュアル紀行新書。

 瀬戸内海の小豆島ほどの大きさのイースター島は、島を領有する南米チリとは東に3700キロも離れたまさに絶海の孤島。1722年、初めてヨーロッパ人が渡来した日が、キリスト教の復活祭の日だったことから命名された名前が今に伝わるが、島民たちは現地語で大きい島を意味する「ラパ・ヌイ」と愛着をもって呼ぶ。

 イースター島といえば、ユーモラスでいて謎めいたモアイ像抜きで語ることはできない。大きなもので体長20メートル、重さ90トンを超えるというモアイは10世紀から17世紀にかけて、各部族の守り神や墓標として作られたという。

 島内には作りかけや放置されたものを含め1000体近いモアイが存在するが、制作が最盛期を迎えた1600年前後の部族間の争いで、守り神であるモアイを引き倒す「モアイ倒し戦争」が起き、すべてのモアイが倒されてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る