「イースター島を行く」野村哲也著

公開日:  更新日:

 南太平洋に浮かぶ絶海の孤島イースター島の知られざる魅力を紹介するビジュアル紀行新書。

 瀬戸内海の小豆島ほどの大きさのイースター島は、島を領有する南米チリとは東に3700キロも離れたまさに絶海の孤島。1722年、初めてヨーロッパ人が渡来した日が、キリスト教の復活祭の日だったことから命名された名前が今に伝わるが、島民たちは現地語で大きい島を意味する「ラパ・ヌイ」と愛着をもって呼ぶ。

 イースター島といえば、ユーモラスでいて謎めいたモアイ像抜きで語ることはできない。大きなもので体長20メートル、重さ90トンを超えるというモアイは10世紀から17世紀にかけて、各部族の守り神や墓標として作られたという。

 島内には作りかけや放置されたものを含め1000体近いモアイが存在するが、制作が最盛期を迎えた1600年前後の部族間の争いで、守り神であるモアイを引き倒す「モアイ倒し戦争」が起き、すべてのモアイが倒されてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る