「『コミュ障』だった僕が学んだ話し方」吉田照美著

公開日:  更新日:

 コミュニケーション障害を克服して「しゃべりのプロ」となった著者が、人間関係をより円滑にする話し方を教えてくれるコミュニケーション術本。

 中学生時代にコンプレックスから人との交際がうまくできなくなった氏は、引きこもって勉強していた浪人時代に幻聴がするほどのノイローゼ状態に。そうした状況からラジオ局のアナウンサーになった経緯を紹介し、人生に無駄なものなどひとつもないと説く。人との関係も同じで、無駄と感じるような会話や触れ合いだったとしても、それが後のコミュニケーションに必ず生きてくるという。

 コミュニケーションの基本は「素直に思いを伝えること」と、多くのエピソードを交えながら、話し下手でも会話を弾ませるコツを伝授。(集英社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る