• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「『コミュ障』だった僕が学んだ話し方」吉田照美著

 コミュニケーション障害を克服して「しゃべりのプロ」となった著者が、人間関係をより円滑にする話し方を教えてくれるコミュニケーション術本。

 中学生時代にコンプレックスから人との交際がうまくできなくなった氏は、引きこもって勉強していた浪人時代に幻聴がするほどのノイローゼ状態に。そうした状況からラジオ局のアナウンサーになった経緯を紹介し、人生に無駄なものなどひとつもないと説く。人との関係も同じで、無駄と感じるような会話や触れ合いだったとしても、それが後のコミュニケーションに必ず生きてくるという。

 コミュニケーションの基本は「素直に思いを伝えること」と、多くのエピソードを交えながら、話し下手でも会話を弾ませるコツを伝授。(集英社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る