• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「『コミュ障』だった僕が学んだ話し方」吉田照美著

 コミュニケーション障害を克服して「しゃべりのプロ」となった著者が、人間関係をより円滑にする話し方を教えてくれるコミュニケーション術本。

 中学生時代にコンプレックスから人との交際がうまくできなくなった氏は、引きこもって勉強していた浪人時代に幻聴がするほどのノイローゼ状態に。そうした状況からラジオ局のアナウンサーになった経緯を紹介し、人生に無駄なものなどひとつもないと説く。人との関係も同じで、無駄と感じるような会話や触れ合いだったとしても、それが後のコミュニケーションに必ず生きてくるという。

 コミュニケーションの基本は「素直に思いを伝えること」と、多くのエピソードを交えながら、話し下手でも会話を弾ませるコツを伝授。(集英社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る