「『コミュ障』だった僕が学んだ話し方」吉田照美著

公開日:  更新日:

 コミュニケーション障害を克服して「しゃべりのプロ」となった著者が、人間関係をより円滑にする話し方を教えてくれるコミュニケーション術本。

 中学生時代にコンプレックスから人との交際がうまくできなくなった氏は、引きこもって勉強していた浪人時代に幻聴がするほどのノイローゼ状態に。そうした状況からラジオ局のアナウンサーになった経緯を紹介し、人生に無駄なものなどひとつもないと説く。人との関係も同じで、無駄と感じるような会話や触れ合いだったとしても、それが後のコミュニケーションに必ず生きてくるという。

 コミュニケーションの基本は「素直に思いを伝えること」と、多くのエピソードを交えながら、話し下手でも会話を弾ませるコツを伝授。(集英社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る