あの話術は、その場のひらめきだけではなかった

公開日:

「久米宏です。」久米宏著/世界文化社

 本書は、「ニュースステーション」でニュース界に革命を起こした久米宏の自伝だ。ただ、単なる回顧録ではなく、有用なコミュニケーションの教科書の意味合いもある。

 私は、2000年から04年の最終回まで、ニュースステーションのコメンテーターを務めていた。当時、私は久米さんのことを天才だと信じて疑わなかった。生放送だから、さまざまな想定外のことが起きる。VTRが間に合わなかったり、中継がつながらなかったり、ゲストが暴走したりが、日常茶飯事で起きるのだ。それでも久米さんは、臨機応変に、的確かつ軽妙なトークで、いつも見事な着地をみせていた。だから番組が面白かったのだ。

 しかし本書を読むと、それは才能ではなく経験と努力が生み出したものだった。「ザ・ベストテン」の進行は、黒柳徹子さんの意向で、すべてアドリブだったという。どこに飛んでいくか分からない緊張感が、視聴者にも伝わって、それが面白さにつながっていたのだ。

 久米さんの話術は、その場のひらめきだけではないことも、本書は教えてくれる。ラジオ東京で番組司会の永六輔さんを喜ばせようと、久米さんは常識外の現場中継を繰り返した。例えば、電柱をインタビュー相手に見立てて中継をした。もちろん電柱はしゃべらないから、受け答えも全部自分で考えないといけない。だから、事前にさまざまな情報を調べ、ネタをたくさんつくっておく。そうしないと、いざ本番のときにしゃべれないのだ。

 事前に膨大な資料を調べて準備するというのは、ザ・ベストテンの黒柳徹子さんも同じだったという。そういえば、ニュースステーションのときも久米さんは、スタッフが渡したゲストに関する膨大な資料を、隅から隅まで読み込んでいた。

 放送時間は短いから、準備をした情報の大部分は無駄になる。しかし、使わない情報がたくさんあるから、本番のときに縦横無尽に動けるのだ。

 ニュースステーションの本番前、久米さんの手が小刻みに震えていた。私が「なぜ、毎日やっているのに緊張するんですか」と問うと、久米さんは「緊張しないやつは成長しないぞ」と言った。確かに私は、その後まったく成長していない。

★★★(選者・森永卓郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る