• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ゲノム操作食品の争点」天笠啓祐著

 現在、ゲノム編集などの新しい遺伝子操作が進められ、作物の開発だけでなく、人間の受精卵に対するゲノム編集操作なども行われている。遺伝子組み換え作物は同じ性質をもつ種子を作らないため、毎年、種を購入しなくてはならず、メガ合併で巨大化した種子メーカーの企業支配が進む。

 安倍政権は民間企業の開発促進を名目に主要農作物種子法を廃止し、農業競争力強化支援法を打ち出した。だが、主要作物の種子を公的に守ってきた種子法が廃止されることで、多国籍企業による食糧支配を招くおそれがある。また、個人情報保護法の改正により、逆に個人の遺伝情報が企業に利用される可能性がある。

 ゲノム操作技術への警告の書。(緑風出版 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る