• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初歩的な「どっちもどっち」論への反発

「実録・レイシストをしばき隊」野間易通著/河出書房新社

 4月23日付の本紙のこの欄で取り上げた「創価学会秘史」(講談社)の著者、高橋篤史が大鹿靖明編著の「ジャーナリズムの現場から」(講談社現代新書)で、現在のジャーナリズムを覆っている「池上彰」化を嘆いている。

 わかりやすい解説ばかり求めて、タブーに挑戦しなくなっていることを憂えているのだと思うが、「池上彰」化はまた、あたかも偏らない公正中立な立場があるような幻想を肥大させている。それは池上がいた“NHK病”とも言えるだろう。

 2013年2月24日、大阪の鶴橋で女子中学生がこんなことをがなった。

「鶴橋に住む、在日クソチョンコのみなさん、こんにちは。みなさんが憎くて憎くてたまらないです。もう、殺してあげたい! いつまでも調子にのっとったら南京大虐殺じゃなくて鶴橋大虐殺を実行しますよ!」

 こんなヘイトスピーチをするレイシストこそ調子にのっているのだと私は思うが、「レイシストをしばき隊」は「レイシストを対面で叱る」、それもできるだけ上から目線で子どもを叱るように叱るために組織された。「チョンコ」とは汚い大阪弁で朝鮮人を指し、こんなヘイトスピーチを放ちながらデモをするレイシストに対して、リーダーの野間は次のような指示を出した。

「デモの参加者には、粗暴な人間がかなり含まれています。しかし、こちらは絶対に非暴力を貫いてください。もし相手が殴ってきた場合は、そのまま殴られてください。逮捕、検挙、告訴に持ち込むネタになります。ここでカッとなってやり返してしまう可能性のある方は、参加をご遠慮ください」

 ジャーナリズムの「池上彰」化に関連して私が著者に最も共感したのは、初歩的な「どっちもどっち」論への反発である。

 しばき隊に対して、主に左派やリベラルから「それではあいつらと同じレベルになるのではないか」という批判が殺到したというが、野間はそれらに真っ向から反論した。上品さから脱せられないからレイシストがはびこったのだ。しかし、「陳腐などっちもどっち論から、在日当事者による迷惑論、さらにはデマと憶測を交えた批判まで」が押し寄せ、野間は「若干心が折れ気味になった」という。

 それでも野間は、それまでの対抗行動に欠けているものとして「罵声はいくら浴びせてもかまわない」と主張した。「くたばれ! どっちもどっち」である。

★★半(選者・佐高信)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る