「戦前の怪談」田中貢太郎著

公開日:  更新日:

 田中貢太郎は大正から戦前昭和に活躍した作家で、なにより「日本怪談全集」「支那怪談全集」をはじめとする実話怪談の書き手・アンソロジストとして有名。本書は、著者が記した怪談の中から24話を精選したもの。

 冒頭の「虫採り」は、不忍池近くの草むらで、藍色の服に針金が引っかかって困っている少女を貧乏画家が助けてやるところから始まる。その後青白い着物を着た芸妓が画家の前に現れ、いますぐ汽車に乗って遠くへ行くようにいわれる。その通りに夜汽車に乗って東京を離れると、その日関東大震災があり、画家は命拾いをする。東京へ戻り不忍池へ行くと、白蓮の花弁をくわえた藍色の山女がこちらを見ていた。

「蟇の血」は、将来を嘱望された青年が、ある女と出会ったことで怪異の世界に引き込まれる話で、近藤ようこが漫画化したことで知られる。

 まだ自然が豊かに残っていた戦前日本の風景の中でチョウ、蛇、キツネといった異類たちが織りなす恐怖と怪異は、懐かしくも新鮮に感じられる。

(河出書房新社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る