「コックリさんの父」岡本和明・辻堂真理著

公開日:  更新日:

 1970年代、日本にオカルトブームが到来した。

 スプーン曲げ、コックリさん、心霊写真、透視予知……。超常現象の数々がメディアで繰り返し取り上げられ、人々の好奇心をかき立てた。 

 ある年齢以上の人なら、このブームの立役者、中岡俊哉の名を記憶しているだろう。生涯を超常現象の研究に捧げ、「テレパシー入門」「狐狗狸さんの秘密」「恐怖の心霊写真集」など200冊を超える本を書いた。

 自腹を切って海外の超常現象を取材し、超能力の実証実験に立ち会い、自らもテレビに登場して、超常現象の存在を世に広めた。

 中岡俊哉とは、何者だったのか。

 生前の中岡と交流のあった放送作家・辻堂真理と、中岡の次男で演芸研究家の岡本和明が、「オカルトの父」の人と仕事を、共同作業で評伝にまとめ上げた。

 その生涯は、前半から波乱に満ちている。本名・岡本俊雄。1926年、妾腹の子として生まれ、18歳の時、「馬賊を志して」単身満州へ。

 戦中を生き抜き、終戦後、東峰輝という中国名で八路軍に徴用。国共内戦で3度、死のふちに立ち、臨死体験をする。命をつなぎ、北京放送局のアナウンサーとして活躍した後、帰国。中国各地で集めた怪談・奇談を雑誌に執筆するようになり、超常現象研究家への一歩を踏み出した。

 中岡はあらゆる超常現象に真剣に向き合った。心霊手術もスプーン曲げも透視予知も、自分の目で見て、体験したことだけを書き、話した。それでも科学者の偏見は強く、しばしばマスコミのバッシングの矢面に立たされた。しかし、信念を曲げなかった。道半ばにして74歳で亡くなったが、人知を超えた世界に目を開かせてくれた功績は大きい。

(新潮社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る