「定年準備」楠木新著

公開日:

 第二の人生は心や体が喜んでいる状態や、「いい顔」で過ごす時間が大切であって、目標達成は必ずしも必要ないと説く。しかし、実際には多くの人が定年後の環境のギャップの大きさに困惑する。そうならないためには、定年前から働き方を修正するべきで、定年後は実は50歳から始まっているのだ。

 一方で、仕事はもちろん、ボランティアや地域活動などの新たなステップに踏み出す場合に共通しているのは、計画的な意思決定ではなく、人との偶然的な出会いの力が働くことが多いことだ。再就職、地域や家族との人間関係の再構築など、第二の人生をより良く生きるための具体的なヒントを示す。

 (中央公論新社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る