• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「さざなみのよる」木皿泉著

 がんで余命いくばくもない小国ナスミ、43歳。やがて彼女は静かな死を迎えるのだが、彼女の生きた証しは周りの人々の心の中で生きつづける。

 本書はそんなナスミの家族や知人たちが語る14のエピソードで構成される感動の短編集である。 ナスミの家のご近所で理髪店を夫とともに営む利恵。夫に具体的な不満があったわけでもないのに、ある日、家出を決意した利恵が駅のプラットホームに立つとそこにナスミの姿があった。彼女も家出をしようというところで、お互いの姿に思わず噴き出してしまう。そして、「今はね、私がもどれる場所でありたいの。誰かが、私にもどりたいって思ってくれるような、そんな人になりたいの」というナスミの言葉に後押しされて、利恵は家に戻る。(「第9話」)

 亡くなっても無くなるわけじゃない。命は宿り、去って、やがてまたやって来る――。

(河出書房新社 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

もっと見る