「さざなみのよる」木皿泉著

公開日:

 がんで余命いくばくもない小国ナスミ、43歳。やがて彼女は静かな死を迎えるのだが、彼女の生きた証しは周りの人々の心の中で生きつづける。

 本書はそんなナスミの家族や知人たちが語る14のエピソードで構成される感動の短編集である。 ナスミの家のご近所で理髪店を夫とともに営む利恵。夫に具体的な不満があったわけでもないのに、ある日、家出を決意した利恵が駅のプラットホームに立つとそこにナスミの姿があった。彼女も家出をしようというところで、お互いの姿に思わず噴き出してしまう。そして、「今はね、私がもどれる場所でありたいの。誰かが、私にもどりたいって思ってくれるような、そんな人になりたいの」というナスミの言葉に後押しされて、利恵は家に戻る。(「第9話」)

 亡くなっても無くなるわけじゃない。命は宿り、去って、やがてまたやって来る――。

(河出書房新社 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る