• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「巨悪」伊兼源太郎著

 東京地検に、ワシダ運輸社長の鷲田正隆の会社の金の横領と巨額の脱税を指摘するタレコミがあった。銀行口座を内偵すると、系列会社「ワシダ美術館」に10億円を送金、ワシダ美術館がその日のうちに10億円をケイマン諸島の銀行に振り込み……といった怪しい動きがあったのだ。

 特捜検事の中澤は、ワシダ運輸が東日本大震災の復興補助金を総額約20億円受け取ったことに注目したが、引っかかる点は見つからない。先輩の高品は与党の大立者、馬場への贈収賄を狙っていた。ワシダ運輸から押収した資料の中に大番頭の陣内の手帳があった。そこに書かれた和菓子の購入回数が妙に多い。

 現代の「巨悪」に迫る検察ミステリー。

(講談社 1750円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る