「巨悪」伊兼源太郎著

公開日: 更新日:

 東京地検に、ワシダ運輸社長の鷲田正隆の会社の金の横領と巨額の脱税を指摘するタレコミがあった。銀行口座を内偵すると、系列会社「ワシダ美術館」に10億円を送金、ワシダ美術館がその日のうちに10億円をケイマン諸島の銀行に振り込み……といった怪しい動きがあったのだ。

 特捜検事の中澤は、ワシダ運輸が東日本大震災の復興補助金を総額約20億円受け取ったことに注目したが、引っかかる点は見つからない。先輩の高品は与党の大立者、馬場への贈収賄を狙っていた。ワシダ運輸から押収した資料の中に大番頭の陣内の手帳があった。そこに書かれた和菓子の購入回数が妙に多い。

 現代の「巨悪」に迫る検察ミステリー。

(講談社 1750円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  4. 4

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  5. 5

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  6. 6

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  7. 7

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

  8. 8

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  9. 9

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  10. 10

    大船渡・佐々木 1球も投げず初戦敗退で浮上する“故障疑惑”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る