「巨悪」伊兼源太郎著

公開日:

 東京地検に、ワシダ運輸社長の鷲田正隆の会社の金の横領と巨額の脱税を指摘するタレコミがあった。銀行口座を内偵すると、系列会社「ワシダ美術館」に10億円を送金、ワシダ美術館がその日のうちに10億円をケイマン諸島の銀行に振り込み……といった怪しい動きがあったのだ。

 特捜検事の中澤は、ワシダ運輸が東日本大震災の復興補助金を総額約20億円受け取ったことに注目したが、引っかかる点は見つからない。先輩の高品は与党の大立者、馬場への贈収賄を狙っていた。ワシダ運輸から押収した資料の中に大番頭の陣内の手帳があった。そこに書かれた和菓子の購入回数が妙に多い。

 現代の「巨悪」に迫る検察ミステリー。

(講談社 1750円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る