「巨悪」伊兼源太郎著

公開日: 更新日:

 東京地検に、ワシダ運輸社長の鷲田正隆の会社の金の横領と巨額の脱税を指摘するタレコミがあった。銀行口座を内偵すると、系列会社「ワシダ美術館」に10億円を送金、ワシダ美術館がその日のうちに10億円をケイマン諸島の銀行に振り込み……といった怪しい動きがあったのだ。

 特捜検事の中澤は、ワシダ運輸が東日本大震災の復興補助金を総額約20億円受け取ったことに注目したが、引っかかる点は見つからない。先輩の高品は与党の大立者、馬場への贈収賄を狙っていた。ワシダ運輸から押収した資料の中に大番頭の陣内の手帳があった。そこに書かれた和菓子の購入回数が妙に多い。

 現代の「巨悪」に迫る検察ミステリー。

(講談社 1750円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  6. 6

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  7. 7

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  8. 8

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  9. 9

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

  10. 10

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

もっと見る