「社長争奪 世襲・派閥・策謀」有森隆著

公開日: 更新日:

 大塚家具がピンチだ。創業者の大塚勝久氏と、娘の久美子社長が経営方針をめぐり対立してから約3年が過ぎた。ブランドイメージは悪化し、今期(18年12月期)は3年連続の最終赤字に転落する見込みだ。

 ジャーナリストの有森隆著「社長争奪――世襲・派閥・策謀」(さくら舎)は、大塚家具をはじめ「内紛」「お家騒動」「権力闘争」に直面した8社を取り上げ、経営陣がどう対処したかを分析している。読み応えのある企業モノとしてサラリーマンの間で話題だ。

 第1章は大塚家具。久美子社長の経歴から、家族間の骨肉の争い、父親・勝久氏の解任などを掘り下げている。有森氏は、「大塚家具は2018年5月27日、創業の地、埼玉県春日部市の店舗を閉鎖した。はたして大塚家具は存続できるのだろうか」と書いたが、まさに今、大塚家具は身売り説が浮上するほど“存続の危機”に立たされている。

 創業家がらみでは、パナソニックの松下家、ダイエーの中内家を取り上げている。そのほか、NECの会長VS社長の泥沼、みずほFGの派閥抗争、ガバナンス問題で迷走したクックパッドなど権力抗争の内幕を描いた。

 盆休みに熟読したい一冊だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る