• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「社長争奪 世襲・派閥・策謀」有森隆著

 大塚家具がピンチだ。創業者の大塚勝久氏と、娘の久美子社長が経営方針をめぐり対立してから約3年が過ぎた。ブランドイメージは悪化し、今期(18年12月期)は3年連続の最終赤字に転落する見込みだ。

 ジャーナリストの有森隆著「社長争奪――世襲・派閥・策謀」(さくら舎)は、大塚家具をはじめ「内紛」「お家騒動」「権力闘争」に直面した8社を取り上げ、経営陣がどう対処したかを分析している。読み応えのある企業モノとしてサラリーマンの間で話題だ。

 第1章は大塚家具。久美子社長の経歴から、家族間の骨肉の争い、父親・勝久氏の解任などを掘り下げている。有森氏は、「大塚家具は2018年5月27日、創業の地、埼玉県春日部市の店舗を閉鎖した。はたして大塚家具は存続できるのだろうか」と書いたが、まさに今、大塚家具は身売り説が浮上するほど“存続の危機”に立たされている。

 創業家がらみでは、パナソニックの松下家、ダイエーの中内家を取り上げている。そのほか、NECの会長VS社長の泥沼、みずほFGの派閥抗争、ガバナンス問題で迷走したクックパッドなど権力抗争の内幕を描いた。

 盆休みに熟読したい一冊だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  9. 9

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る