「医療現場の行動経済学」大竹文雄・平井啓編著

公開日:  更新日:

 医者が患者に情報提供をして、どんな治療をするか意思決定する「インフォームドコンセント」という手法。がんの告知などが多く行われるなか、医療知識のない人が、ある日突然難しい意思決定をしなければならないケースが増えている。本書は、意思決定にどんなバイアスが存在するかを行動経済学の視点から解説し、意思決定の際の問題点について明らかにしている。

 よく見られるのが、「ここまでやってきたのだから続けたい」と今までの治療法に固執するサンクコスト・バイアス、「まだ大丈夫」と病状の変化の認識を拒む現状維持バイアス、「今は決めたくない」と意思決定を引き延ばす現在バイアス、医学的に証明されている治療法よりも「がんが消えた」などの広告の文言を意思決定の参考にしてしまう利用可能性ヒューリスティックの4つ。

 患者だけでなく医師側にもこうしたバイアスが存在することを意識した上で、意思決定することの大切さを説いている。

(東洋経済新報社 2400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る