「医療現場の行動経済学」大竹文雄・平井啓編著

公開日:  更新日:

 医者が患者に情報提供をして、どんな治療をするか意思決定する「インフォームドコンセント」という手法。がんの告知などが多く行われるなか、医療知識のない人が、ある日突然難しい意思決定をしなければならないケースが増えている。本書は、意思決定にどんなバイアスが存在するかを行動経済学の視点から解説し、意思決定の際の問題点について明らかにしている。

 よく見られるのが、「ここまでやってきたのだから続けたい」と今までの治療法に固執するサンクコスト・バイアス、「まだ大丈夫」と病状の変化の認識を拒む現状維持バイアス、「今は決めたくない」と意思決定を引き延ばす現在バイアス、医学的に証明されている治療法よりも「がんが消えた」などの広告の文言を意思決定の参考にしてしまう利用可能性ヒューリスティックの4つ。

 患者だけでなく医師側にもこうしたバイアスが存在することを意識した上で、意思決定することの大切さを説いている。

(東洋経済新報社 2400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る