「大切な人ががんになったとき…生きる力を引き出す寄り添い方」樋野興夫著

公開日:  更新日:

 家族ががんになると、できる限りの看病をするのだが、がんになった妻は夫の冷たさを感じ傷つき、がんになった夫は妻のおせっかいに辟易しているという。そんなすれ違いを生まない患者と家族の関係の築き方を説いた医学エッセー。

 告知を受けると、自分は病人だと自身でレッテルを貼ってしまいがち。また、家族から気遣いの言葉を始終かけられたら、いやでも病気を意識せざるを得ない。しかし、病気になったことと病人であることは違うと著者は説く。その上で、「なぜがんになったのか」など、「WHY(なぜ)?」と考えるのではなく、どんな治療法をするかなど「HOW(どうやって)?」と考えるべきというように、具体的アドバイスで患者も家族も笑顔になる接し方を伝授。

(青春出版社 926円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る