「大切な人ががんになったとき…生きる力を引き出す寄り添い方」樋野興夫著

公開日: 更新日:

 家族ががんになると、できる限りの看病をするのだが、がんになった妻は夫の冷たさを感じ傷つき、がんになった夫は妻のおせっかいに辟易しているという。そんなすれ違いを生まない患者と家族の関係の築き方を説いた医学エッセー。

 告知を受けると、自分は病人だと自身でレッテルを貼ってしまいがち。また、家族から気遣いの言葉を始終かけられたら、いやでも病気を意識せざるを得ない。しかし、病気になったことと病人であることは違うと著者は説く。その上で、「なぜがんになったのか」など、「WHY(なぜ)?」と考えるのではなく、どんな治療法をするかなど「HOW(どうやって)?」と考えるべきというように、具体的アドバイスで患者も家族も笑顔になる接し方を伝授。

(青春出版社 926円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る

人気キーワード