「医療者が語る答えなき世界」磯野真穂著

公開日: 更新日:

「私の誤診率は14・2%」と語ったのは神経内科の権威だった東大名誉教授。1960年代のことだが、半世紀以上経ったいまも、わからないことが多いのが医学の世界だ。実際、フランスの医師らが集中治療室で亡くなった人の生前診断と病理解剖とを比べた結果、30%が誤診だったという。

 病名をつきとめ、病気を治すことを期待される医療者が、患者の希望と答えの出ない医療現場での現実とのはざまで何を考えているのか? 文化人類学者である著者が医療関係者に丁寧にインタビューしてまとめ上げた一冊。患者は医療に期待があるからこそ、苛立ち、言葉が厳しくなる。医療従事者の苦しみを知ることで、病院や医療従事者への態度が変わるかもしれない。

 (ちくま新書 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  4. 4

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  8. 8

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  9. 9

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  10. 10

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る