「医療者が語る答えなき世界」磯野真穂著

公開日:

「私の誤診率は14・2%」と語ったのは神経内科の権威だった東大名誉教授。1960年代のことだが、半世紀以上経ったいまも、わからないことが多いのが医学の世界だ。実際、フランスの医師らが集中治療室で亡くなった人の生前診断と病理解剖とを比べた結果、30%が誤診だったという。

 病名をつきとめ、病気を治すことを期待される医療者が、患者の希望と答えの出ない医療現場での現実とのはざまで何を考えているのか? 文化人類学者である著者が医療関係者に丁寧にインタビューしてまとめ上げた一冊。患者は医療に期待があるからこそ、苛立ち、言葉が厳しくなる。医療従事者の苦しみを知ることで、病院や医療従事者への態度が変わるかもしれない。

 (ちくま新書 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る