「殺意」ジム・トンプスン著 田村義進訳

公開日: 更新日:

 弁護士のコスメイヤーは、顧客のルアンから電話を受けて大急ぎで駆けつけた。ルアンは「ラルフは私を殺すつもりなのよ」と訴える。

 彼女は旧家の娘で、現在62歳。夫のラルフは40歳で、結婚したときは18歳だった。

 寝たきりのルアンのために1日10時間から24時間働いているが、ルアンへの殺意を抱いている。

 ルアンは噂好きで、医師の息子ボビーは彼女のおしゃべりのせいで人生を棒に振り、郡検事のヘンリーは職を失おうとしている。ある日、ルアンの家の玄関のドアが開き、誰かが階段を上ってきた。そして、ルアンは死体となって発見される。

 さまざまな人の殺意がうごめく街で起きた殺人事件をめぐるノワール・ノベル。本邦初訳作品。

(文遊社 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  8. 8

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る