• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「殺意」ジム・トンプスン著 田村義進訳

 弁護士のコスメイヤーは、顧客のルアンから電話を受けて大急ぎで駆けつけた。ルアンは「ラルフは私を殺すつもりなのよ」と訴える。

 彼女は旧家の娘で、現在62歳。夫のラルフは40歳で、結婚したときは18歳だった。

 寝たきりのルアンのために1日10時間から24時間働いているが、ルアンへの殺意を抱いている。

 ルアンは噂好きで、医師の息子ボビーは彼女のおしゃべりのせいで人生を棒に振り、郡検事のヘンリーは職を失おうとしている。ある日、ルアンの家の玄関のドアが開き、誰かが階段を上ってきた。そして、ルアンは死体となって発見される。

 さまざまな人の殺意がうごめく街で起きた殺人事件をめぐるノワール・ノベル。本邦初訳作品。

(文遊社 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る