『「がんもどき」で早死にする人、「本物のがん」で長生きする人』近藤誠著

公開日: 更新日:

 20年以上「がんは2つにひとつ」と唱えてきた著者。つまり、発生した瞬間から手術しても抗がん剤を用いても必ず転移する「本物のがん」と、転移する能力を持たないので手術の必要がない「がんもどき」があるということだ。

「本物」は幹細胞が生まれてすぐ、0.1ミリ以下のときから血液に乗って全身に転移を始める。人間が早期発見と呼ぶのはがんが1センチ前後に育った晩年のがんであり、メスを入れることでがんが暴れて増大することもあるため、手術は百害あって一利なし。一方、全体の8割が「もどき」である乳がんなどは、放っておいてもよいのに無理な手術が体にダメージを与える。

 がんをやみくもに怖がる前に、がんの性質や手術のリスクを学んだ方が良さそうだ。
(幻冬舎 952円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る

人気キーワード