• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

『「がんもどき」で早死にする人、「本物のがん」で長生きする人』近藤誠著

 20年以上「がんは2つにひとつ」と唱えてきた著者。つまり、発生した瞬間から手術しても抗がん剤を用いても必ず転移する「本物のがん」と、転移する能力を持たないので手術の必要がない「がんもどき」があるということだ。

「本物」は幹細胞が生まれてすぐ、0.1ミリ以下のときから血液に乗って全身に転移を始める。人間が早期発見と呼ぶのはがんが1センチ前後に育った晩年のがんであり、メスを入れることでがんが暴れて増大することもあるため、手術は百害あって一利なし。一方、全体の8割が「もどき」である乳がんなどは、放っておいてもよいのに無理な手術が体にダメージを与える。

 がんをやみくもに怖がる前に、がんの性質や手術のリスクを学んだ方が良さそうだ。
(幻冬舎 952円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  9. 9

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  10. 10

    池谷幸雄氏が激白 “女帝”塚原本部長が集めた疑惑のカネ

もっと見る