「沖縄オバァの小さな偽証」友井羊著

公開日: 更新日:

 舞台は沖縄本島北部にある法テラス(日本司法支援センター)。金銭的に弁護士に依頼するのが困難だったり、過疎地域のため弁護士がいないといった、司法弱者のための駆け込み寺的な存在だ。

 相談を受けるのは、東京の大手弁護士事務所で活躍していたが、訳あってこの法テラスで働いているクールビューティーの阿礼沙英子。補佐役の事務員・大城は、地元のオジィ、オバァたちの方言の通訳担当でもある。

 不定愁訴に悩む嫁を離婚させようとする門中(沖縄独特の父系血縁集団)本家の舅姑、沖縄は飲酒運転摘発全国ワーストワンだが、お酒を1滴も飲んでいないのに酒気帯び運転で逮捕された男、トートーメー(位牌)の継承を巡って争う沖縄そば屋の兄弟といった、沖縄ならではの事件を、鋭い直感と決断力に富む沙英子と、オジィ、オバァたちとすぐに仲良くなる特技を持つ大城とのコンビが、見事に解決していく。

 沖縄の風俗や因習がたっぷり詰め込まれた、新スタイルのリーガルサスペンス。(光文社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  7. 7

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  10. 10

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

もっと見る