「SMILE 美しすぎる人類図鑑」近藤大真著

公開日:  更新日:

 笑顔ほど人との垣根を取り払い、通じ合わせてくれる最高の武器はない。そんな世界中の人々の笑顔を集めた写真集。

 大学生のときに、写真家になろうと決意して絶景を撮る旅に出た著者だが、どんな絶景よりも、旅先での人との出会いが心に残っていることに気づき、「出会った人の写真を撮ろう。どうせ撮るならとびっきりの笑顔を」と決め、ヒッチハイクで日本一周をしながら笑顔を撮る旅に出る。写真は旅先で世話になった人への「恩返し」だと思うようになった著者は、今度は無期限・無計画で世界一周への旅に出る。本書には、1年半、33カ国に及んだその旅で出会った人々の笑顔を収める。

 片道4日間かけてたどりついたエチオピアの「世界一おしゃれ」といわれる少数民族スリ族の村の人々、人生の年輪を感じさせるインドのおじいさんのほほ笑み、ガハハハッと豪快に笑うペルーのおばちゃん店員、赤ん坊を抱いた幸せそうなスペインのカップル、ミシンに向かいながら笑みを絶やさぬジョージアの工員、陽気にポーズを決めるミャンマーの漁師、そして各国の路上で一緒に遊んだ子どもたちのはじけるような笑顔まで。

 話す言葉も暮らしぶりも何もかもが異なる国の老若男女のポートレートだが、やっぱり笑顔は世界共通の言語だと実感させてくれる。

 各人とのエピソードはほとんど紹介されていないが、笑顔に魅せられ、写真に見入っていると、その場の会話ややりとりまでもが浮かんでくる。

 バイクの事故で前歯が3本も折れたり、1カ月間も下痢が止まらなかったり、資金が尽きて野宿生活になったりと、大変なときも、笑っているうちに大抵のことはどうでもよくなったと著者は言う。

 笑顔の連鎖が元気とパワーをくれるお薦め本。

 (大和書房 2000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る