「SMILE 美しすぎる人類図鑑」近藤大真著

公開日:  更新日:

 笑顔ほど人との垣根を取り払い、通じ合わせてくれる最高の武器はない。そんな世界中の人々の笑顔を集めた写真集。

 大学生のときに、写真家になろうと決意して絶景を撮る旅に出た著者だが、どんな絶景よりも、旅先での人との出会いが心に残っていることに気づき、「出会った人の写真を撮ろう。どうせ撮るならとびっきりの笑顔を」と決め、ヒッチハイクで日本一周をしながら笑顔を撮る旅に出る。写真は旅先で世話になった人への「恩返し」だと思うようになった著者は、今度は無期限・無計画で世界一周への旅に出る。本書には、1年半、33カ国に及んだその旅で出会った人々の笑顔を収める。

 片道4日間かけてたどりついたエチオピアの「世界一おしゃれ」といわれる少数民族スリ族の村の人々、人生の年輪を感じさせるインドのおじいさんのほほ笑み、ガハハハッと豪快に笑うペルーのおばちゃん店員、赤ん坊を抱いた幸せそうなスペインのカップル、ミシンに向かいながら笑みを絶やさぬジョージアの工員、陽気にポーズを決めるミャンマーの漁師、そして各国の路上で一緒に遊んだ子どもたちのはじけるような笑顔まで。

 話す言葉も暮らしぶりも何もかもが異なる国の老若男女のポートレートだが、やっぱり笑顔は世界共通の言語だと実感させてくれる。

 各人とのエピソードはほとんど紹介されていないが、笑顔に魅せられ、写真に見入っていると、その場の会話ややりとりまでもが浮かんでくる。

 バイクの事故で前歯が3本も折れたり、1カ月間も下痢が止まらなかったり、資金が尽きて野宿生活になったりと、大変なときも、笑っているうちに大抵のことはどうでもよくなったと著者は言う。

 笑顔の連鎖が元気とパワーをくれるお薦め本。

 (大和書房 2000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る