「暗殺者の潜入」(上・下) マーク・グリーニー著、伏見威蕃訳

公開日: 更新日:

 長く続いているシリーズの新作だが、以前の作品を未読でも大丈夫なので、安心して手に取られたい。内容が続いているわけではないのだ。

 主人公のグレイマンが、今回は内戦下のシリアに潜入する。ある依頼を受けたからだが、それがどんな依頼なのかは、ここに書かないでおく。内戦下のシリアに潜入する、というだけでもその困難が容易に想像できるというものだ。

 まず、政府正規軍に、政府寄りの私兵団がいくつもある。対する反政府勢力にもさまざまな組織があり、たとえば自由シリア軍に、シリア民主軍。後者はISIS打倒を掲げる反体制組織だ。他にも、シリアのスンニ派を中心とする反シリア政府組織で「シリアのアルカイダ」と呼ばれていたアルヌスラ戦線(数年前にアルカイダからの離脱を発表)、さらには石油ルートや密輸ルートを奪い合うギャング組織もいれば、イランやロシアもシリアに派兵したりして、もうぐちゃぐちゃである。誰が敵で、誰が味方なのか、皆目わからない混沌のただ中に、グレイマンは飛び込んでいくのである。相変わらずアクションも快調で、読み始めたらやめられない。

 冒険アクション小説は最近めっきり少なくなり、その手の作品が好きな読者は寂しい思いをしているが、グリーニーがいれば大丈夫。迫力満点のアクションを今回もまた、たっぷりと堪能されたい。 (早川書房 各860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  9. 9

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  10. 10

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

もっと見る

人気キーワード