「IQ」ジョー・イデ著 熊谷千寿訳

公開日:

 ロサンゼルスに住む黒人青年探偵アイゼイアは、その明晰な頭脳から「IQ」の異名を持つ。ある日、腐れ縁のドッドソンから仕事の依頼が舞い込むが、アイゼイアは元ギャングの彼を相手にしない。

 8年前、高校生だったアイゼイアの親代わりだった兄が事故で急死。施設に入るのを避けたいアイゼイアは、アパートの家賃を補填するために仲間の家を転々としていた同級生のドッドソンと暮らしたことがあったのだ。

 ある事情を抱え、大金が必要になったアイゼイアは、仕方なくドッドソンの依頼を受けることに。ドッドソンが仲介した依頼人は、何者かに命を狙われているという人気ラッパーのカルだった。

 昨年、アメリカでミステリー界の新人賞を総なめにした話題作。

(早川書房 1060円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る