「メイン・ディッシュ」北森鴻著

公開日:

 優れた料理人には鋭敏な味覚と同時に多様な食材の特性を引き出しながらTPOに合わせた料理を作り上げていく豊かな想像力が必要だ。名探偵もまたインスピレーションを頼りに細かな断片をつなぎ合わせて事件の構図をつくり上げていくが、そこで必要なのはやはり想像力だ。

 この料理と推理の共通するところが、料理ミステリーが輩出されるゆえんだろう。連作ミステリーというスタイルの本書にも推理力に優れた料理上手が登場するが、その人物自身が謎の中核になるという複雑な仕掛けが施されている。

【あらすじ】小劇団「紅神楽」を主宰する女優・紅林ユリエの恋人で同居人のミケさんは料理の達人で、劇団員たちはその料理目当てにユリエの部屋に夜な夜な集まってくる。この日も中華風ブイヤベース、パストラミのサラダなどが並べられた。 しかし、公演間近というのに劇団の代表にして座付き作者の小杉隆一の台本が出来上がっていない。今度の芝居は高級料理店を舞台に起こる殺人事件だが、犯人の動機が決まらずに困っているという。そこでミケさんがある調味料のことを話すと、小杉ははたと膝を打ち、なんとか台本が完成する。

 これが第1話「ストレンジ テイスト」で、続く第2話「アリバイ レシピ」では語り手がユリエから滝沢良平という男に代わり、ある大学でかつて起きた自殺と失踪事件が語られる。そこで鍵となるのはカレーの作り方……。

【読みどころ】第3話は再びユリエの語りに戻り、ミケさんの料理と推理が披歴されるのだが、合間合間に2話の系列の話が差し込まれ、話が進むにつれ2つが結びつき、ミケさんの正体も明かされていく。非常に入り組んだ内容で歯応えがあるが、読後の満足感もたっぷり。 <石>

(集英社 630円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る