「禁断のパンダ(上・下)」拓未司著

公開日: 更新日:

「味の求道者」といって思い浮かぶのは、漫画「美味しんぼ」の海原雄山だろう。雄山の美食への飽くなき追求と、そのためには妻子をも犠牲にする強烈な我欲が作品の主旋律となっている。

 本書に登場する料理評論家の“ゴッド中島”こと中島弘道も、雄山に負けないほどの鋭い味覚の持ち主で、美食へのこだわりも尋常ではない。

【あらすじ】柴山幸太は関西屈指のフレンチレストランで7年間、修業した後、25歳で神戸市中央区に10坪ほどのフレンチスタイルのビストロを開業。固定のメニューはなく、その日仕入れた食材を自在にアレンジしリーズナブルな値段で提供し、開店から4年の現在、界隈で一番の人気店となっていた。

 開店3年目には店の常連だった綾香と結婚し、もうすぐ第1子が生まれる。綾香に友人の結婚式に一緒に出てほしいと頼まれた幸太。最初は気乗りがしなかったが、披露宴会場が世界的に有名なレストラン評価本で満点を獲得した「キュイジーヌ・ド・デュウ」だと聞き喜んで出かける。そこで出会ったのが新郎の祖父、中島弘道だ。天才シェフ石国努の手になる料理も素晴らしかったが、それを味わう中島の並外れた味覚に幸太は圧倒される。

 だが、結婚式の翌日、中島の義理の息子、木下の経営する会社の事業部長が殺害される。おまけに木下も行方不明になってしまう。一体何が起こったのか。事件は意想外な展開を遂げ、幸太を巻き込みながら驚愕の結末へとなだれ込んでいく。

【読みどころ】フランス料理店に勤務していた著者だけに、出てくる料理やワインの描写は秀逸。その垂涎の描写と人間の欲望の行き着く果てを垣間見せる終盤との落差に、異様な眩惑感に襲われる。 <石>(宝島社 各476円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る