「タルト・タタンの夢」近藤史恵著

公開日:

 3年前に放映されたNHKの朝の連ドラ「まれ」は、世界一のパティシエを目指す女性が主人公だったが、結婚した主人公が失敗して落ち込む息子に、アップルパイの失敗から生まれたリンゴの焼き菓子「タルト・タタン」を作って元気づける場面があった。フランス料理店を舞台にした本書の表題作も、その独特な作り方が、謎を解くヒントになっている。

【あらすじ】下町の片隅にある「ビストロ・パ・マル」は、カウンター7席、テーブル5つというこぢんまりしたフレンチレストラン。スタッフは、店主でシェフの三舟のほか、スー・シェフ、ソムリエ、ホール係の4人という少数精鋭。シェフの三舟は無口で変わり者だが、鋭い洞察力の持ち主。

 ある晩、常連客の西田が来店したがどうも様子がおかしい。いつも残さずきれいに平らげるのに、今日はサラダも含めてほとんど手を付けていない。一昨日、婚約者のお手製のフランス料理を食べたのが、つい食べ過ぎて腹を壊したのだという。西田が、オーブンではキャラメル色のタルト・タタンが焼けていたと話すのを聞いた三舟は、けげんに思う。なぜなら、焼き上がったタルト・タタンはタルト生地が上で、キャラメル色が見えないはずだ。とすると……。(「タルト・タタンの夢」)

 あるいは、家の料理の献立を聞いただけで夫婦仲の良し悪しを言い当てたり、ヨーロッパ旅行から帰ってきたばかりの妻が家出した謎をチーズとワインの組み合わせから解き明かしたり、三舟シェフの推理は冴えわたる。

【読みどころ】フランス料理というと高級なイメージだが、本書に登場する料理は素朴なものも多く値段もリーズナブル、こんなレストランが近所にあれば……。 <石>

(東京創元社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る