「人類滅亡小説」山田宗樹著

公開日:

 マンションの屋上から飛び降りようとした吉井沙梨奈は、一瞬、空を見上げた。灰色の雲塊の中に毒々しい赤い雲がある。それが「コロニー雲」だと知って、「人類、滅亡しちゃうんだ」と思ったら気が楽になって死ぬのを延期した。

 佐賀県の沖で、魚が大量に浮いているのが発見された。10日前、有明海でコロニー雲が発生したが、そのコロニー雲が消えたとおぼしい海域だった。保健衛生研究所水質調査部の弓寺修平はコロニー雲の影響だと考えるが、他の者は信じない。 そして、自然環境が激変し、人類滅亡の危機が迫るなか、生き延びるために人々はシールドポリス建設などを試みるのだった。

「嫌われ松子の一生」の著者がたどり着いた、平成版“日本沈没”といえる壮大なSF小説。

(幻冬舎 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る