「代体」山田宗樹著

公開日: 更新日:

 人間の意識を肉体から取り出す技術が確立。長期入院を余儀なくされた患者らは、専用の人造人体「代体」に意識を移送させ、治療による肉体的苦痛を味わうことなく、普通の社会生活を送ることが可能になった。

 最先端の代体を売るメーカーの営業マン・八田は、レベルFのトラブルが発生したと連絡を受け、病院に駆け付ける。がん治療で代体を使用中の喜里川の本体が治療の副作用で死亡してしまったのだ。代体のエネルギーは最長31日しか持たず、代体から代体への意識の移送は法律で禁じられている。数日後、八田は自分の葬式を終えた喜里川がエネルギー切れ2日前に姿を消したことを知る。

 禁断の領域に踏み込んだ長編エンタメ。(KADOKAWA1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    フジ女子アナにステマ疑惑…花形職業の凋落で自覚マヒか?

  10. 10

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

もっと見る

人気キーワード