「代体」山田宗樹著

公開日:  更新日:

 人間の意識を肉体から取り出す技術が確立。長期入院を余儀なくされた患者らは、専用の人造人体「代体」に意識を移送させ、治療による肉体的苦痛を味わうことなく、普通の社会生活を送ることが可能になった。

 最先端の代体を売るメーカーの営業マン・八田は、レベルFのトラブルが発生したと連絡を受け、病院に駆け付ける。がん治療で代体を使用中の喜里川の本体が治療の副作用で死亡してしまったのだ。代体のエネルギーは最長31日しか持たず、代体から代体への意識の移送は法律で禁じられている。数日後、八田は自分の葬式を終えた喜里川がエネルギー切れ2日前に姿を消したことを知る。

 禁断の領域に踏み込んだ長編エンタメ。(KADOKAWA1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る