佐川光晴
著者のコラム一覧
佐川光晴

◇さがわ・みつはる 1965年、東京都生まれ。北海道大学法学部卒業。2000年「生活の設計」で第32回新潮新人賞受賞。02年「縮んだ愛」で第24回野間文芸新人賞、11年「おれのおばさん」で第26回坪田譲治文学賞受賞。著書に「牛を屠る」「日の出」など多数。「大きくなる日」は近年の中学入試頻出作品として知られる。

第1話 じゃりン子チエは神 <18>

公開日: 更新日:

 慣れない子育てではあったが、かわいい美岬と一緒にいる幸せのほうが常に勝った。美岬も三男になつき、1歳の誕生日を迎える前から追いかけっこをして遊んだ。団地内の公園に行けば子供を連れた母親たちがいて、三男と美岬のコンビは人気者になった。

 莉乃は仕事に…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  8. 8

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  9. 9

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る

人気キーワード