「宴の前」堂場瞬一著

公開日: 更新日:

 16年間、県知事を務めた安川美智夫は、引退表明はしたものの、後継者を決められずにいた。

 副知事の白井が後継者になると思われていたのだが、選挙の告示2カ月前という時点で、白井がくも膜下出血で倒れる。そのころ、県出身の元五輪メダリストでJOCの強化委員を務める中司涼子は、アルペン競技について地元紙のインタビューを受けていた。これがいいタイミングかもしれないと思いついた涼子は「私、知事選に出ようと思います」と切り出す。

 一方、白井が急死し、安川は後継候補に考えていた人物の女性問題が発覚し、後継者を決められない。そして、ある決断をする。

 地方の「王権」をめぐる熾烈(しれつ)な争いを描く選挙小説。

(集英社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  2. 2

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  5. 5

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  6. 6

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    秋ドラマ注目の若手女優5人を美少女・女優評論家が選ぶ

  10. 10

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

もっと見る