「焦土の刑事」堂場瞬一著

公開日: 更新日:

 1945年、空襲を受けた町を見回っていた京橋署の高峰刑事は、防空壕に死体があるという通報を受けた。被害者は20代の女性で、首に刃物傷がある。ところが、捜査の途中で署長が「あれは空襲被害者で、身元不明ということにする」と言う。どうやら本部の指示らしい。やがて、防空壕でまた女性の死体が発見された。後頭部から刃物で切られている。高峰は連続殺人だと考えたが、突然、本部の者だという男が現れ、遺体を運び去った。

 納得がいかない高峰は極秘で捜査を続けるが、ある日、焼け残ったビルの陰で男に襲われた。「これ以上、余計なことはするな」と言ったのは、あの日、被害者の遺体を持ち去った男だった。戦時下の狂気の犯罪を追う刑事を描く。

 (講談社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  7. 7

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  8. 8

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  9. 9

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  10. 10

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る