「焦土の刑事」堂場瞬一著

公開日: 更新日:

 1945年、空襲を受けた町を見回っていた京橋署の高峰刑事は、防空壕に死体があるという通報を受けた。被害者は20代の女性で、首に刃物傷がある。ところが、捜査の途中で署長が「あれは空襲被害者で、身元不明ということにする」と言う。どうやら本部の指示らしい。やがて、防空壕でまた女性の死体が発見された。後頭部から刃物で切られている。高峰は連続殺人だと考えたが、突然、本部の者だという男が現れ、遺体を運び去った。

 納得がいかない高峰は極秘で捜査を続けるが、ある日、焼け残ったビルの陰で男に襲われた。「これ以上、余計なことはするな」と言ったのは、あの日、被害者の遺体を持ち去った男だった。戦時下の狂気の犯罪を追う刑事を描く。

 (講談社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る

人気キーワード