「書店人のはんせい」人見廣史著

公開日: 更新日:

 書店人として44年間勤めた著者によるエッセー。本から得られる幸福感や新しい世界との遭遇、さらには本が出来る現場まで、本がもたらす楽しさが伝わってくる。
(新評論 2000円+税)

■数珠つなぎに湧く興味

 著者は44年間にわたって「あるモノ」を売り続けてきた。自身の半生を振り返りながら、あるモノの素晴らしさと楽しさ、有益さを語っていく。

 あるモノとは、いったい何か。まず、何よりもあるモノを楽しむには、自分の意志が働かなければいけない。時間を割いて習慣化することで、知らなかった世界が目の前に広がる。この瞬間を「しあわせ! という言葉しか出てこない」と表現する。

 逆に、自身を見つめ直す機会も与えてくれる。刺激を受け、励まされ、生きる力をもらえることもあれば、子や孫に伝えていきたいと強く思わせるモノでもあるようだ。

 著者自身の、あるモノに影響された経験は実に多岐にわたり、まるで樹系図のような広がりを見せる。買って終わり、ではない。そこから数珠つなぎに興味が湧くという。

 また、あるモノの製造現場へも足を運び、作業工程を見学。こだわりの職人技と、多くの人の思いを目の当たりにして、改めて感動したそうだ。

 最近では、著者と同業者が脚光を浴びているという。もうおわかりだろうか。開いて、味わい、そして閉じる、アレだ。


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る