「書店人のはんせい」人見廣史著

公開日: 更新日:

 書店人として44年間勤めた著者によるエッセー。本から得られる幸福感や新しい世界との遭遇、さらには本が出来る現場まで、本がもたらす楽しさが伝わってくる。
(新評論 2000円+税)

■数珠つなぎに湧く興味

 著者は44年間にわたって「あるモノ」を売り続けてきた。自身の半生を振り返りながら、あるモノの素晴らしさと楽しさ、有益さを語っていく。

 あるモノとは、いったい何か。まず、何よりもあるモノを楽しむには、自分の意志が働かなければいけない。時間を割いて習慣化することで、知らなかった世界が目の前に広がる。この瞬間を「しあわせ! という言葉しか出てこない」と表現する。

 逆に、自身を見つめ直す機会も与えてくれる。刺激を受け、励まされ、生きる力をもらえることもあれば、子や孫に伝えていきたいと強く思わせるモノでもあるようだ。

 著者自身の、あるモノに影響された経験は実に多岐にわたり、まるで樹系図のような広がりを見せる。買って終わり、ではない。そこから数珠つなぎに興味が湧くという。

 また、あるモノの製造現場へも足を運び、作業工程を見学。こだわりの職人技と、多くの人の思いを目の当たりにして、改めて感動したそうだ。

 最近では、著者と同業者が脚光を浴びているという。もうおわかりだろうか。開いて、味わい、そして閉じる、アレだ。


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  6. 6

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  9. 9

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

  10. 10

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る