「おいしい旅」太田和彦著

公開日: 更新日:

 居酒屋探訪家が旅先で堪能した名店の味をつづるグルメ紀行エッセー。

 まずは2度目の北陸新幹線で金沢へ。ホテルで旅装を解いて向かったのは、顔なじみの店「おでん高砂」。基本は屋台商売のため、注文から10秒で冷めないように厚手のコップにポットから注がれた酒が出てくる。それを一口含んでから、おでんをオーダー。お目当ての「かに面」は季節が終わってしまっていたが、ショウガ味噌で食べる牛スジや、大ぶりのバイ貝、おつゆをたっぷりと吸った車麩に舌鼓を打つ。

 その他、京都・祇園「平安」の「カラシソバ」、初めて訪ねた佐渡の居酒屋「伊麻里」の「フグ煮魚」、そして東京では美術館巡りとともに味わう老舗天ぷら屋の天丼など。ひとときの口福をお裾分けするシリーズ第2弾。

(集英社 730円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  2. 2

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  6. 6

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る