「おいしい旅」太田和彦著

公開日: 更新日:

 居酒屋探訪家が旅先で堪能した名店の味をつづるグルメ紀行エッセー。

 まずは2度目の北陸新幹線で金沢へ。ホテルで旅装を解いて向かったのは、顔なじみの店「おでん高砂」。基本は屋台商売のため、注文から10秒で冷めないように厚手のコップにポットから注がれた酒が出てくる。それを一口含んでから、おでんをオーダー。お目当ての「かに面」は季節が終わってしまっていたが、ショウガ味噌で食べる牛スジや、大ぶりのバイ貝、おつゆをたっぷりと吸った車麩に舌鼓を打つ。

 その他、京都・祇園「平安」の「カラシソバ」、初めて訪ねた佐渡の居酒屋「伊麻里」の「フグ煮魚」、そして東京では美術館巡りとともに味わう老舗天ぷら屋の天丼など。ひとときの口福をお裾分けするシリーズ第2弾。

(集英社 730円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  4. 4

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  5. 5

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  8. 8

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  9. 9

    原巨人の来季構想 吉川尚の覚醒で坂本「三塁コンバート」

  10. 10

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

もっと見る

人気キーワード