「潜在殺」渥美饒児著

公開日: 更新日:

 静岡県下最大の暴力団、黒岩組が、下部組織の侠誠會に絶縁状を出し、侠誠會の若頭の銃殺死体が発見される。科捜研の鑑定で凶器の拳銃は日本警察官の正式拳銃、ニューナンブの密造銃かも知れないという結果が出た。

 静岡県警の沖田は県内の拳銃製造工場の退職者、平沢幹夫が服役していた三重刑務所に、同じ頃、黒岩組の舎弟頭が服役していて、沖田の部下が、平沢がオートバイ部品の工場に薬きょうらしきものの製造を依頼したことを探り出した。

 沖田らは平沢の自宅に踏み込むが、そこには血まみれの死体があり、警察内部に内通者がいる疑いが浮上する。

 元マル暴特捜刑事が絶賛する警察小説。

(河出書房新社 1600円+税) 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る