「潜在殺」渥美饒児著

公開日: 更新日:

 静岡県下最大の暴力団、黒岩組が、下部組織の侠誠會に絶縁状を出し、侠誠會の若頭の銃殺死体が発見される。科捜研の鑑定で凶器の拳銃は日本警察官の正式拳銃、ニューナンブの密造銃かも知れないという結果が出た。

 静岡県警の沖田は県内の拳銃製造工場の退職者、平沢幹夫が服役していた三重刑務所に、同じ頃、黒岩組の舎弟頭が服役していて、沖田の部下が、平沢がオートバイ部品の工場に薬きょうらしきものの製造を依頼したことを探り出した。

 沖田らは平沢の自宅に踏み込むが、そこには血まみれの死体があり、警察内部に内通者がいる疑いが浮上する。

 元マル暴特捜刑事が絶賛する警察小説。

(河出書房新社 1600円+税) 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  6. 6

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  7. 7

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  8. 8

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

もっと見る

人気キーワード