「宇宙はどこまで行けるか」小泉宏之著

公開日: 更新日:

 近年、政府機関と大企業が主役だった宇宙開発に、大学や新興企業が参入。超小型化・量産化した宇宙探査機が、持続性を意識した低コストで宇宙へ進出する時代となった。あの「はやぶさ」プロジェクトに携わり、世界初の小型イオンエンジンを実用化した研究者が、最新動向を解説しながら、宇宙開発の未来を展望したサイエンステキスト。

 私たちの暮らしを支える人工衛星やロケットエンジンなどの基礎知識から、著者が手掛けるイオンエンジンの仕組み、さらに惑星探査や有人火星探査、そして木星以遠の外惑星や4光年離れた隣の惑星系まで。太陽・燃料に頼らずに加速するスイングバイなどの理論から、太陽帆船といった近未来の技術まで紹介しながら、その可能性を探る。

 (中央公論新社 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  2. 2

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  5. 5

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  6. 6

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る