「宇宙はどこまで行けるか」小泉宏之著

公開日: 更新日:

 近年、政府機関と大企業が主役だった宇宙開発に、大学や新興企業が参入。超小型化・量産化した宇宙探査機が、持続性を意識した低コストで宇宙へ進出する時代となった。あの「はやぶさ」プロジェクトに携わり、世界初の小型イオンエンジンを実用化した研究者が、最新動向を解説しながら、宇宙開発の未来を展望したサイエンステキスト。

 私たちの暮らしを支える人工衛星やロケットエンジンなどの基礎知識から、著者が手掛けるイオンエンジンの仕組み、さらに惑星探査や有人火星探査、そして木星以遠の外惑星や4光年離れた隣の惑星系まで。太陽・燃料に頼らずに加速するスイングバイなどの理論から、太陽帆船といった近未来の技術まで紹介しながら、その可能性を探る。

 (中央公論新社 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る