「宇宙戦争を告げるUFO」佐藤守著

公開日:

 2016年2月、東大や国立天文台などで構成される国際研究グループが、約50億光年離れた銀河から「高速電波バースト」と呼ばれる電波が届いたことを突き止めた。世界中で高まっている知的生命体への関心に対して、何らかの回答が届き始めているのではないかと著者は考える。

 同年9月にはNASAが木星の衛星エウロパに水があると公表。水があれば生物がいる可能性がある。

 ホーキング博士はエイリアンが地球人を虐殺する可能性があると警告するが、そういうエイリアンによるリスクだけでなく、中国の宇宙進出事業による脅威も想定する必要がある。

 元空自パイロットが知的生命体からの警告を読み解く。

(講談社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る