「30センチの冒険」三崎亜記著

公開日:

 ユーリは実家に戻るためにバスに乗ったが、寝過ごして終点まで行ってしまった。何かのついでに来たはずなのに本来の目的が思い出せない。バッグの中に30センチのものさしと水色の本が入っていた。歩いて戻ろうとすると、闇のなかで何かがやってきてユーリを包み込んだ。「助けてくれ!」と叫ぶと、「つかまって!」という声がする。ものさしをその声の方に差し出すと、それを掴んだ女性が覆いかぶさってユーリを守ってくれた。

 彼が迷いこんだのは、隣の建物が遠くに見え、彼方の建物が異様に近く見える「遠近」という概念が破壊された世界だった。だがユーリには、元の世界に、ゼッタイに会いに行くから! と約束した人がいた。

 異界に迷いこんだ青年の物語。

(文藝春秋 1850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る