「ニセモノの妻」三崎亜記著

公開日: 更新日:

 新婚の私は、妻の両親の勧めと資金援助で新築マンションを購入。引っ越したその日に、住む街を下見しようとジョギングに出た私は、帰路、マンションを見上げて戸惑う。8階の自分たちの部屋にしか明かりがともっていなかったのだ。

 管理会社には即日完売と聞いていたし、現に駐車場は車で埋め尽くされているのに。私はその事実を妻に伝えることができない。2週間後、近くに住む小泉先輩の家を訪ねた夫婦は、唖然となる。先輩夫婦が住む一角は、2人が入居したマンションの建設反対の、のぼりが林立していたのだ。(「終の筈の住処」)

 その他、ニセモノの妻と一緒にホンモノの妻を探しにいく夫を主人公にした表題作など、夫婦をテーマにした作品集。(新潮社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る