「ニセモノの妻」三崎亜記著

公開日:  更新日:

 新婚の私は、妻の両親の勧めと資金援助で新築マンションを購入。引っ越したその日に、住む街を下見しようとジョギングに出た私は、帰路、マンションを見上げて戸惑う。8階の自分たちの部屋にしか明かりがともっていなかったのだ。

 管理会社には即日完売と聞いていたし、現に駐車場は車で埋め尽くされているのに。私はその事実を妻に伝えることができない。2週間後、近くに住む小泉先輩の家を訪ねた夫婦は、唖然となる。先輩夫婦が住む一角は、2人が入居したマンションの建設反対の、のぼりが林立していたのだ。(「終の筈の住処」)

 その他、ニセモノの妻と一緒にホンモノの妻を探しにいく夫を主人公にした表題作など、夫婦をテーマにした作品集。(新潮社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る