「血圧の薬はやめてもよいか?」岡田正彦著

公開日: 更新日:

「血圧の薬をやめてもよいか」に対する著者の答えは、「今、血圧の薬を飲んでいる人は、少なくとも勝手にやめてはいけない。まず、主治医と相談すること。たぶん、やめても大丈夫と言ってくれる医者はいないだろうから、それでもと思ったときは自己責任で判断しよう」というもの。

 持って回った言い方だが、医療事故裁判に巻き込まれかねない現状ではそう言うほかなさそう。

 本書は、予防医学、長寿科学が専門の新潟大学医学部名誉教授が、血圧の薬を服用してもしなくても総死亡に違いがないことの数々のエビデンスを紹介。

 さらに、もし自分が血圧がどんどん上がってきた場合、サイアザイド系利尿剤を主治医に処方してもらい、75歳になったら服用をきっぱりやめる、と表明している。

(青灯社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る