「血圧の薬はやめてもよいか?」岡田正彦著

公開日:

「血圧の薬をやめてもよいか」に対する著者の答えは、「今、血圧の薬を飲んでいる人は、少なくとも勝手にやめてはいけない。まず、主治医と相談すること。たぶん、やめても大丈夫と言ってくれる医者はいないだろうから、それでもと思ったときは自己責任で判断しよう」というもの。

 持って回った言い方だが、医療事故裁判に巻き込まれかねない現状ではそう言うほかなさそう。

 本書は、予防医学、長寿科学が専門の新潟大学医学部名誉教授が、血圧の薬を服用してもしなくても総死亡に違いがないことの数々のエビデンスを紹介。

 さらに、もし自分が血圧がどんどん上がってきた場合、サイアザイド系利尿剤を主治医に処方してもらい、75歳になったら服用をきっぱりやめる、と表明している。

(青灯社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る